風俗の中でも最も中毒性のある「デリヘル」についての体験談です。

デリヘル嬢に声をかけられて

デリヘル嬢と仲良くなったのは小さな居酒屋でした。俺が一人で飲んでいたら声かけてきて逆ナンなんて初めてだったので緊張してたんですが俺はすごく話はできたと思います。お兄さん童貞?って聞かれたときはどうしようか迷いましたが正直にそうだというと私デリヘルやってるから気持ちよくさせてあげるよって言われました。だからますますなんか緊張してそのまま予約とってホテルに行きました。そんなに初回は高くないって言われたんでそれで俺はもう何もかもお任せ状態でした。けっこうかわいかったしおっぱいが大きかったんで何よりそれがやばかったです。俺はどんどん気持ちよくなっていってフェラで2回ほどイケました。めっちゃありがとうっていう気持ちが強くてお金も全然払いました。また彼女には会いたいんですよね。デリヘル嬢だけど気もきくし風俗の世界も長いっていってました。だからこういう少しわかんないくらいの男がお気に入りなのかもしれません。あれからも何度か電話来るんで気に入られているはずです。

舌使い最高の女

出張先で風俗のデリヘル嬢を呼んだのは久しぶりでした。最近食欲がなくてあんまり居酒屋とかも行かなくなってたんです。結構お金もあったんでこれは思いきってと思って高級デリヘルに誘いました。俺にとって高級デリヘルはすごく憧れというかまじでかわいい子ぞろいのところがあったんでそこに一度でいいから頼んでみたかったんです。頼んでホテルに来たときはマジで目の大きくて胸も大きい可愛い子が来たなあと思いました。本当に俺のこと気持ちよくさせてくれる?と聞くともちろん、サービスたくさんしてあげるって言ってもらえたんで俺からのリードというよりも彼女からの方が楽しめるような気がしました。だから全部任せて俺はもうマグロ状態でしたが、一つ一つの愛ぶがエロくてやばかったです。これはプロだなって思う感じはやっぱりしました。すっきりして気持ちよくなったんでまた頼みたいと思うくらいにいい満足度でした。舌使いが一番上手だったんでまた金がある時は頼みたいですよ。

久しぶりデリヘルは大当たり

俺は最近彼女に振られてもうどうしようもないです。もう自暴自棄と言えば本当にそうなんです。なんというか本当にあの風俗嬢とはあんまり楽しめないというかイチャイチャしていても面白くなくなってはいたんです。そしたら別れてほしいとあっちから言われました。出会いはデリヘルだったんでまあそんなに本気とは自分でも思えなかったんですがやっぱりいなくなると寂しすぎてもうどうしていいかわからなくなりました。そこで久しぶりに俺の好きな制服コスプレを頼むことにしました。デリヘル嬢を家に呼ぶのは抵抗があったんですがもうそんなのも気にならないくらい病んでいたんで頼みました。コートを着てたんですがその中はもう制服ですぐに玄関からプレイがスタートしました。それがまた気持ちよくてうれしかったです。事前に俺の名前を伝えていたんで俺のこと呼び捨てで呼びまくってくれました。そうお願いはしていたものののそれが現実になるとやっぱりうれしかったしフェラも上手でした。